エンジニアとして市場価値を高めるために

ITエンジニアと資格は、切っても切れない縁です。国家資格をはじめとして次から次へとベンダー系のライセンスが誕生しています。製品のバージョンが変わるたびに受験しなおしているエンジニアも多いのではないでしょうか。特にメーカー系のSI企業の場合は、取得が義務付けられていることも多く、取得個数やランクによって昇格基準の一部となっていることもあります。限られた時間の中でいかに効率よく勉強して取得するか、頭を悩ませている方も多いことでしょう。こんなもの取得して一体なんになるんだ、と毒づきたくなることもあります。

しかし、クライアントから見てみると、これほどその人のスキルを正確に測ることのできる物差しはありません。残念なことに、ライセンスを持っていても実務経験のない技術者がたくさんいるのが現状です。しかし、実務経験豊富でありながら、資格がないために他の人からスキルが見えにくい技術者もまたたくさんいるのです。こんなもの実力とは関係ない、という理屈は、残念ながら通用しないのがこの世界です。自らの技術者としての価値を高め、スキルをアピールしてやりがいのある仕事をするためにも、取得をおすすめします。

また取得のためのスケジュール作成と実行、結果を元にPDCAを実行する作業は非常に知的な作業です。知識習得だけではなく、計画性を養うこともでき、結果としてエンジニアとしてのスキルを高めてくれますし、計画的な取得は、後進の人たちにとって職場での振る舞いの模範となることでしょう。

No comments yet


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です