ITエンジニアにおすすめ資格とは

ITのエンジニアは教師や医者のように資格がないと仕事に就けない、仕事ができないということはありません。だとすればなぜエンジニアの資格があるのでしょうか。就職するために必ず資格がなければいけないということはないですが、やはり関連の資格を取得していればその業界への興味や意欲があることが示せ、評価されるでしょう。また、就職すればすぐに働き始めなければなりません。その場合、資格のために知識をすでに取得していれば早く実績が積めるでしょう。経験を重ねる上でも最低限の知識は必要です。また、働き初めてからでも自身の力量を確認する指標になりますし、昇格されたり給与の上乗せがある場合ものです。

そして資格を持っておくと転職の際に有利になることもあります。では資格の中でもおすすめ資格は何でしょうか。まずは国家資格である「IPA基本情報処理技術者試験」があります。高度なIT人材となるために必要な知識と技能が備わっているかを問う試験で実践的な技術や能力が試されます。この試験に合格すればITの基礎知識があるという証明になります。

そしてさらに上を目指す場合には「IPA応用情報処技術者試験」があります。これは基本技術よりも高度な技術から管理、さらには経営まで幅広い知識と応用力が求められます。取得すればシステムの開発やITの基盤構築などで高度なパフォーマンスを発揮できる者だと証明できるのでおすすめ資格です。資格は必ずしも必要でないとはいえ、自分の自信やモチベーションにつながるので、チャレンジしてみる価値はあります。
自分をアピールするための手段でもあるIT関連の資格について詳しく知りたい方はこちらから。

No comments yet


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です